会社に何らかの不満があり退職することになった場合、次の転職先選びには特に気を付ける必要がある。
今までの会社や職種に対してこだわりが強いほど、求人情報から選ぶ際には視野が狭くなりがちになるという点だ。
転職は人生を左右することにもなりかねないので、広い視野で冷静な判断が必要となるだけでなく、自身のスキルや適性に合った仕事がどのくらい市場にあるのかをリサーチする必要もあるだろう。
転職市場で自分のスキルや経験がどのくらい価値があるものか確認した上で、詳細な条件を詰めて行く方法が現実的だと私は思っている。

そのため、実際に退職を行なう前に転職エージェントを利用して、慎重に職場を選ぶことをおすすめしたい。
自己分析の結果と専門のエージェントの目線を比較すると、第三者の目から見た判断との違いが出てきて参考になるはずだ。
今まで全く視野に入らなかった職種や仕事内容が、実は最も適している可能性すらあるかもしれない。

また、転職エージェントは非公開求人の情報も持っているので、専門職の場合は特に活用しておく方がより良い条件の仕事探しを行えるだろう。
中途採用が行われる際には、優秀な人材を特別な給料で優遇するために求人内容を非公開にしている会社が少なくない。
なぜなら、エージェント経由でマッチングされた人材の方が不特定多数の応募者の中から採用するよりも、効率的だからだ。
しかし、このような非公開求人は、ハローワークや転職サイトをただ閲覧するだけでは見つけることが難しいので、条件の良い求人情報を得るためには、転職のプロのサポートを受ける方がベターだと言えるだろう。>>>参考になるHP=社会人のための転職先の選び方

 © 2019 - ジョブチェンジを成功へ!